林芙美子の詩集『花のいのちはみじかくて』を栄光が出版しました。

なぜ栄光が林芙美子の詩集をつくったのか?
林芙美子が尾道ゆかりの作家だからです。
尾道=文学の街=林芙美子=放浪記=森光子 となります
「尾道」は栄光のある福山市の隣。文学の街として有名な観光地です。
芙美子の生誕110年を迎えるのを記念し、地元貢献のひとつとして
尾道本通り一番街商店街の協力を得て発行に漕ぎつけました。
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」
これは芙美子が色紙に好んで書いた短詩です。
自由奔放でおおらかさが漂う芙美子の詩をピックアップし
一冊の本にまとめました。
地元の中国新聞でも取り上げていただきました。(記事はこちら
栄光は印刷と製本をしているだけではなく、地元ネタでのオリジナル出版も手掛けています。
「崖の上のポニョ」のモデルとなったことで有名な「鞆の浦」のガイドブック
『鞆の浦の旅へ』(栄光ブックス;980円)が第一弾
『花のいのちはみじかくて』(栄光ブックス;840円 )ともどもアマゾンで販売中です。

◇鞆の浦.jpg  9784904448168_A.jpg

ご希望される方がいらっしゃるようでしたら、皆さんに各10冊プレゼントしようと思います。
ご希望の方はメールで info@eikou.com あてにご応募ください。
件名に「〇〇〇〇希望」と書名をご記入いただき、プレゼントの送付先の住所・お名前をご記入ください。
7月20日締切とし、応募多数の場合は抽選となります。
(発送をもって発表とさせていただきます)

栄光スタッフ

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:166

同人誌作成に必要な連絡を取らせていただいている、受付メンバーです。時にやさしく、時に厳しくなることはお許しください。