コミケットアピール86と成人向け表現について

栄光をご利用いただき、ありがとうございます。

コミケをはじめとした、夏のイベント合わせの原稿制作がだんだんと本格化する時期と思われます。わたしたち印刷会社にも会場搬入関係の資料とともに「コミケットアピール86」も届き、お客様の入稿をお受けする準備を進めています。

今回の「コミケットアピール86」掲載の「6.1ワイセツ図画について」の記述は、前回のコミケットアピール85とほとんど変わっていないようです。「成人向け商業誌全般の状況」を目安として情報収集を怠らないようにとのことです。

さて、直近の201471日時点での成人向け商業誌の傾向は

コンビニで販売されている成人雑誌は「アウトラインのみの白抜き、黒ベタ」が中心。同人誌や成人向けを多く扱う書店で販売されている成人雑誌は「モザイク、太線、ベタ」が混在していますが、面での修正が増えているように思われます。

現在のところ、昨年よりも修正範囲を広げる・濃くするといった対応をされている原稿については、お客様の表現をできるだけ尊重してお受けしております。

しかし安全・明確な基準がない以上、ご相談を受けた場合には、修正を白抜きまたは黒ベタでの「面」で行うことを、おすすめしています。
栄光スタッフ

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:162
同人誌作成に必要な連絡を取らせていただいている、受付メンバーです。時にやさしく、時に厳しくなることはお許しください。