西日本豪雨の影響について(7/14現在)

【7/14 現在】
物流の大動脈の「山陽自動車道」も完全に復旧して全線開通しました。生活物資も福山市では不自由なく調達できる状況で、業務用の資材の調達にも支障はありません。宅配便の出荷および配達も遅延などの影響は出ていません。特に大阪、東京など東へ向かう便は安定していますので、豪雨前の従来通りの正常な状態と何ら変わりありません。

【7/10 19:00現在】
まず、栄光の本社工場への被害は全くありません。また社員スタッフも全員無事であり、その家族と家屋にも特別な被害はありませんでした。変わりなく通常営業を行っております。

7/8合わせの商品の出荷は、重大な影響が出始める前の7/6(金)夕方に完了しておりましたので無事お客様のお手元まで届いたようです。(未着の連絡は入っていません)

また、福山から大阪、名古屋、東京など東へ向かう山陽自動車道、中国自動車道が復旧して東方面へは開通しておりますので、7/15-16合わせの商品については宅配便で予定通り出荷。7/16(月)のサンシャインシティ、TRCはチャタートラックで直接搬入いたしますのでご安心ください。7/22合わせ以降は、物流網はさらに安定すると思われます。


ただし、被災地域内への出荷はできない状況がしばらく続きますので。各社のお知らせをご覧ください。幸い栄光のある「福山市」は集荷・配達とも正常な地域なので、表示されていません。刻々と復旧工事が進んでおりますので、集荷・配達不能な地域は減少しています。

ヤマト運輸;豪雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延について

佐川急便;大雨の影響による集配状況と九州向け荷受けの一時中止について

日本郵便;平成30年7月豪雨の影響について

しかし、今回の西日本豪雨は広範囲であると同時に局地的に甚大な被害をもたらしています。甚大な被害のあった広島・安芸郡、呉、三原・本郷、倉敷・真備、などの間に福山市はあります。他と比べて福山市の被害は少なかったとはいえ隣の尾道市、三原市は断水状態が続く見通しで、もとの生活に戻るには時間がかかりそうです。

いまだに行方不明者の捜索も続いている状況で、「栄光は大丈夫」と軽々しく言い放てる状態ではないのですが、経済を回すことも重要なので粛々と営業を続けています。また、この地域の中には栄光のお客様もたくさん生活していらっしゃっるはずです。個々のお客様の状態は判りませんが、皆様のご無事を祈るばかりです。

広島~岡山には同人誌印刷会社が、なぜか多くあります。付き合いのある会社とは連絡を取り、各社とも立地に恵まれ今回の直接被害はなく正常営業を続けています。皆様には、今までと変わらず、ご注文を続けていただくことが何よりもありがたいことです。「広島-岡山だからダメだろう」と早合点せずに、ご自身でご確認の上、今までと変わらぬご利用をお願いします。

岡田 一

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:45
栄光の二代目社長。大学漫研時代に同人誌発行。マンガは下手なのに、商業誌に四コマ連載経験アリ。「なんとかなる!」がモットーの“静かなるファイター”