【速報】祝サンフレッチェ優勝!バイオレット・キャンペーン開催決定!!

サンフレッチェ広島がJリーグ・チャンピオンシップで勝利しました。この4年間で3度目の日本一です。

日本代表クラスの主力選手を毎年引き抜かれながらも、適切な補強を続け4年間で3回も日本一に輝きました。予算が少ない地方球団でありながら、大偉業です。チームのフロントからスタッフ、選手も含めサンフレッチェ広島には最大級の賛辞を贈ります。(それに比べると、カープ球団に対しては少し残念な気持があります。黒田は別格です)

チーム名の「サンフレッチェ」は、日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ(矢)」をあわせて作った造語で「三本の矢」を意味しています。広島に縁の深い戦国武将毛利元就の「三本の矢」の故事に由来しています。チームカラーは青紫(Violet)。

3度目の日本一にちなみ、栄光も3本の矢を放ちます↑↑↑
「バイオレット・キャンペーン」の開催を決定しました!

もう、コミケ直前で年内開催には無理がありますので、対象期間は1月11日~2月29日とします。そう、1月11日はまさに三本の矢です。

詳細が決定次第、発表します。

【一本目の矢】バイオレット系遊び紙を、オプション料金なしで大放出↑
チームカラーは青紫。バイオレット(Violet)です。

【二本目の矢】「サッカー」ジャンルの作品なら、通常締切日なのに特別割引↑
「イナイレ」「GIANT KILLING」「キャプ翼」………

【三本目の矢】全国の佐藤さん、森保さん、ドウグラスさんには通常締切日なのに特別割引↑
J1リーグ通算最多得点の人格者「佐藤寿人」。素晴らしい采配の青年監督「森保一」。
チーム最多得点の「ドウグラス」。この3名への敬意を表します。

(何かツッコミたい方は、問い合わせの「info@」へ密かにメールしてください)

ここからは個人的な余談です。

2007年12月。前職の会社でタウン誌の発行責任者として、「サンフレッチェの感謝の夕べ」にご招待いただきました。タウン誌で年間シートを複数購入し、読者プレゼントを行っていたからです。サッカー好きの私が企画したものでした。

地方の媒体社であり、いちおうスポンサーという立場です。もちろんスポンサーとしては一番後ろの席です。宴もたけなわの頃、主力選手の柏木と佐藤寿人選手がテーブルに来てくれました。色紙を1枚持っていたのでサインをお願いしたところ、1枚に二人のサインを書くよりはと別のテーブルからワザワザ色紙を1枚もらってきてくれました。

若手の柏木ではなく佐藤寿人選手本人が、です。日本代表の経験があるほどの選手ですが偉ぶる感じは全くありません。ペーペーのスポンサーにそこまでしなくてもと、こちらが恐縮した想い出があります。それから8年、佐藤選手はサンフレッチェに残りゴールを積み重ねJリーグの通算最多得点(ゴン中山とタイ記録)に到達しました。ほんと人格者です。

サンフレッチェは、ジュニアやユース年代の選手育成にも成功して優秀な成績をあげています。地域貢献にも取り組み、組織全体が意思統一された素晴らしいチームです。森保一監督の人心掌握・采配も素晴らしく、心の底からの敬意を表します。

そして、サンフレッチェと最後まで戦ったガンバ大阪も素晴らしいチームです。

岡田 一

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:45

栄光の二代目社長。大学漫研時代に同人誌発行。マンガは下手なのに、商業誌に四コマ連載経験アリ。「なんとかなる!」がモットーの“静かなるファイター”