新入稿システム「セルフチェック入稿」ついに登場!!

入稿後のモヤモヤを解消する!新入稿システム

「セルフチェック入稿」という新しい入稿システムを追加しました。従来の入稿システムはそのままご利用可能ですので、お客様にとって使いやすい方法をお選びください。

この「セルフチェック入稿」はファイルをブラウザーにドラッグ&ドロップするだけで入稿が開始され、アップロードされたデータで自動的に電子ブック型プレビューを生成します。入稿した原稿に間違いがないか、ご自身で最終確認できます。断ち切り具合や左右の見開きが視覚的にチェックできますので、入稿後のモヤモヤとした心配がなくなります。

印刷会社とのやり取りが煩わしい、ビジネスライクな方にはピッタリのシステムです。

ただし、現時点でのご利用には前提条件があります。すべての注文、すべてのお客様にご利用いただくことは、まだできません。その条件・特徴を以下で説明します。

新入稿システムのメリット ”作業軽減できるので2%還元”

お客様自身で最終確認していただき、新入稿システムを経由して入稿されたデータは、印刷会社側から言うと1次チェックを合格したデータになるので、問い合わせや再入稿の確率が大幅に下がり手間が省けます。これを還元する意味合いで「セルフチェック入稿のご注文を2%割引」させていただきます。キャンペーンなどとは別扱いで25%割引まで併用可能です。

つまり当日便、翌日便、通常締切、FEVER!!商品、早期入稿割引、禁断・掟破りなどの25%割引まで併用可能としますが、申し訳ありませんが「30%割引以上は対象外」とさせていただきますので、ご容赦ください。

ご注文フォームで「本の注文」を行い、注文確定後にマイページの「注文状況」から「データ入稿」をクリックしていただきくところまでは、従来通りです。ここで従来の「ファイル入稿」と「セルフチェック入稿」に分かれます。図解した詳細ページを作成していますのでコチラでご確認ください。

この「セルフチェック2%割引」は入稿が問題なく終了し、印刷工程に進めた場合に適用となります。栄光側で価格決定メールをお送りする時点で価格調整します。お互いの手間を省くことが目的なので、再入稿になった場合などは適用外になります。

「セルフチェック入稿」の評価は「よく分からない?難しい?」と「画期的で便利!」に分かれると思われます。一度はトライしていただきたいですが、行き詰った場合には従来方法に戻れますので、無理をなさらずご利用ください。

新システムのデメリット ”条件に合わないデータは受付けない”

◇対応可能なセットが限定される

システム的にカラー印刷か単色(モノクロ)印刷にしか対応できませんので、特殊加工のデータが必要な箔押し、エンボスニス、白押さえ、5色印刷などのデータを伴うセット。またはノベルセットのような表紙、本文以外にカバーのデータが必要な変則的な仕様のセットを受けることができません。正方形などの変則サイズもお受けできません。

《対応可能なセット》
サンバ(FEVER!!、翌日、当日含む)、舞姫カラー、チョッキリーナ、ホロPサンバ
スタンダードFEVER!!、翌日、当日含む)、舞姫、EKB48、ホワイトセット
天下一舞踏会NEO、天下一舞踏会Slim
上記以外のセットは従来の入稿方法でご利用ください

◇入稿データは自動的にファイルチェックされ、問題があればエラー表示!!

入稿データは自動的にファイルチェックされるので、問題点が「エラー表示」されます。

①対応ファイル形式;PNG、JPG、PSD、TIFF、PDF

②サイズ;規格サイズに塗足し3mmをプラスしたサイズ
《例》B5(規格182×257mm)の場合⇒188×263mm

③解像度;カラー推奨350dpi モノクロ推奨600dpi

④ページ数;注文フォームで入力されたページ数と入稿データが一致すること
28Pの注文なのに、データは26Pしかない場合、従来はお問い合わせのやり取りを行っていましたが、新システムでは不一致であればエラーになり受付けることができません。

まったくのノーチェックは、印刷会社としてあり得ない

入稿後に「サイズが違います」「解像度が不足しています」「ページが足りていません」という初歩的な問題に起因した、再入稿を促すやり取りが一定数あります。このシステムはこのような「基本的な内容の不備」をフィルターにかけてファイルチェックすることが1番目の役割。

2番目の役割は、見開き、断ち切り(文字切れ)など本の仕上がりイメージを実際に確認していただき、お客様自身でGOサイン(入稿確定)を出していただくこと。

しかし1次チェックをパスしたデータだとしても、私たち(印刷会社側)がノーチェックで印刷するということではありません。わいせつ表現を含む印刷受注基準に照らし合わせたチェックは必ず行います。これはデータを1ページづつ目視する方法しかありません。ここでデータに不備や疑問点を見つけた場合には、従来同様のお問い合わせを行います。

1次チェックが済んだデータなので、スタッフがチェックする要素は絞り込まれますので業務の流れがスムーズになることは間違いありません。

これからも、お客様の利便性向上に努めてまいりますのでご意見、ご感想をお寄せください。

栄光スタッフ

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:182
同人誌作成に必要な連絡を取らせていただいている、受付メンバーです。時にやさしく、時に厳しくなることはお許しください。